不動産にかかるお金

不動産契約、所得に関して

不動産契約経費の情報

不動産所得とその税金

個人がアパートや土地等を賃貸することによって受け取る金銭を不動産所得といい所得税や住民税が課税されます。その金額の計算は、総収入から必要経費を控除したものとなります。収入は賃貸料、駐車料、更新料などですが、名称に関係なく返還を必要としない保証料や敷金も含みます。必要経費は、税金、損害保険料、修繕費、減価償却費、借入金利子などをいいます。複数からの所得があり、その中のひとつが赤字の場合、他の所得の黒字から差し引くことができこれを損益通算といいます。不動産所得も赤字の場合は、他の給与所得があれば損益通算ができます。

契約時に必要な賃料以外の費用

賃貸不動産を探す時に一番気にするのがやっぱり賃料。しかし、契約するときには思いの外色んなお金が必要になってきます。これらをきちんと把握しておかないと、意外な出費ということで計算が狂ってしましますのでご注意下さい。まず、保証金や敷金・礼金といった初期費用が必要になります。これが一番大きな割合を占めますね。それから必要なものとしては、火災保険が必要になります。加入が絶対条件でなくても、これは入っておいた方が良いでしょう。それから必要なものとしては、仲介手数料。最近では仲介手数料無料を謳っている業者もありますが、中身をきちんと判断して依頼するようにしてください。不動産を借りる時には賃料以外に結構必要なお金がありますので、事前の確認を怠り無く。