不動産会社の担当者

希望の賃貸不動産を探す

不動産契約経費の情報

不動産の適正管理方法

誰も住んでいない一戸建て住宅は、意外な場所から虫が侵入してしまったりして、気づくと、あちこちに損傷箇所や汚れが発生してしまっていることがあります。賃貸経営に活用されている一戸建て住宅は、会社が管理しているわけですが、適切な下見や内覧などの物件見学会を開催してもらうことで、玄関からの風通しが行え、住宅の衛生管理にも役立ちます。風通しの無い状態で、鍵がかけられて厳重に管理されてしまっていると、人的な被害やトラブルは防止できるのですが、わずかな隙間から虫が侵入してきたりするトラブルは防ぎきれないのです。不動産の下見や内覧があれば、担当者が汚れを素早く発見し、適切に処理できますので、それだけ住宅も長持ちするのです。

不動産会社を選ぶには

賃貸を探す場合は、不動産会社に依頼するのが当然の流れになりますが、会社選びの際に注意すべき点はどこにあるでしょうか?その前に賃貸は売買物件とは異なり、余程の事情がない限り一般的にどの業者でも基本的には扱えます。とすれば、ある意味どの業者に依頼しても結果は同じともいえます。違う部分と言えば、担当者です。自分の理想とする条件を伝えても、担当者の頭の中が自分と同じイメージを共有できなければ、どんなに取扱物件の数が多くても、理想の物件にはたどり着けません。つまり、理想の物件に巡り合えるには、不動産会社選びよりも担当者選びの方が重要と言えるでしょう。