不動産経営で収入

不動産から利益を得るには

不動産契約経費の情報

不動産経営に必要な物

不動産経営をする時はもし店舗経営をするならば、必ず宅建主任資格保持者をおかなくてはなりません。経営者自身が資格を持っている場合は問題は有りませんが、持っていない場合は必ず1人は雇わないといけません。個人でやる場合も賃貸契約書を作るのであれば、仲介人として宅建主任資格保持者を置かなくてはなりません。これは法律で決められています。後、不動産としてマンションを経営する場合は、マンション管理資格という資格がありまして、この資格を取得しなければなりません。どちらにしても資格保持者が必ず必要な事になります。

働かずして利益を出す方法

働かずして利益を出す方法は、色々な人が色々な方法を唱えてますが、1番形として実証されているのは、不動産の賃貸契約をしての家賃収入ではないでしょうか。入居者がいれば、毎月確実に家賃が入ってきますので1番確実です。しかしそれは物件が有ってこそ出来る事で、有っても条件が悪くて入居者が居なければ、定期収入は全く入ってきません。それに最低限の環境管理は、しなければいけません。それに入居者になにかトラブルが有れば、それに対する対応をしなければいけません。何もしないで不動産だけで収益を上げるのは、日本の現実から考えた無理と言っていいでしょう。